古本を買取ってもらった体験談

古本屋に古本を買取ってもらった

趣味が読書であるわたしにとって、ついついいろんな本を買ってきてしまい、いつのまにか部屋が本で一杯になって困ってしまったという経験が何度もあります。本当に大事な本なら、たとえ邪魔になろうとも置いておくようにしていますが、もう捨ててもいいかなと思うようなものもあり、実際、引っ越しの時などにはよく捨てていました。ただ、古本屋などが本の買い取りをしているということを知ってからは、なるべくはそういったところで買取をしてもらうようにしています。大抵の本は安く買い取られてしまいますが、人気のある作家の本や、まれにプレミア価値のついた本は高く買い取ってくれます。また、状態の良い本は比較的高値がつき、たとえ人気のある作家の本であっても表紙が破けていたり、シミになっていたりするとかなり安い値段になってしまいます。

ある時、いつものように本を売りに行ったところ、割と古い感じの本が何故か高値で売れたことがあります。店員の方になぜそんなに高いのかと聞いたところ、最初のページのところに作家の生のサインが入っていてとても貴重だからだいわれました。わたしはたまたまそのサインに気づかずに読んでいたのですが、確かにサインが入っていました。その作家はかなり有名な作家の方なので売りたくないなと思いましたが、つい言い出せずに売りました。ときにはこういうことにも巡り会えたりするので、古本を売ってみたりするのは案外楽しいことです。

Copyright 2014 古本を買取ってもらった体験談 All Rights Reserved.